单身等于年龄 – 日本宅男作家田中慎弥

本年39岁的田中慎弥是类型的“宅发起人”,本年janus 双面联胎,他博得了用字母标明虚构大鳄的芥川奖,这是日本用字母标明界的第一著名的估价。。田中慎弥是血统纯粹的的宅男。他中等学校卒业后就开端著述业了。,一点也不在外任务,他在单亲家里人向上生长。,非正式用语四岁逝世。,他和他溺爱住在一起。,不谈情爱,异性接触人,此外溺爱和便利店的店伙,他很少数和别的女人流言蜚语。。好多年,经历充实了溺爱的担子。。

他在在家乡写了20年书。,最末成名。他还回绝应用电脑和手持机等。 “高科技产品”,这是纸上的画法,写着第一字。,他说著述业是烧坏本人性命的进行。。当写吃者,一号的着色,认识到有些得名次不梦想,把所其中的一使均衡草底儿放在一边,重行写,早已重写了非常。。

Tanaka赢得用字母标明奖后,趁热打铁。,他的袖珍虚构集发表了。,海豹的走承载着他的禀性。:虚构但是第一空中楼阁,虚幻的宾语,没希望的,我要开支我的一世。性命所吸取的营养的,将持续我的经历。这套,它是性命的坐果。,这同样烧坏性命的进行。。Tanaka对虚构的过分执着于某种意识形态。

近的看了西日本通讯社发表的田中慎弥的漫笔集《机遇同样此中。》,从漫笔中更能感受到文如其人。在版本中,他再次廓清了对特克斯经历的变得流行。:我没做另外任务的心。,假设著述业程度降落了,写虚构本利之和写一本书。,假设你不舒服死,只持续写一流虚构,这对我来说就像亡故同上沉重地。。他还说更好了。:我的芥川奖后,非常政客和那个从未见过的经济专家早已收回了第一通讯,这些人和关怀我、读我小题大做的亲戚朋友是形形色色的的。,他们是不行信从的。,他们显然研究应用本人的位和权利来应用,或许他们以为发起人与芥川奖是什么东西不克不及设想,这些人比他们家里面的新闻工作者更可爱。。他查问恭维的人。:“你们读过陀思妥耶夫斯基的小题大做吗?你们读过《源氏物语》吗?我跟你们形形色色的上,我刚从中等学校卒业。,至多我读源氏物语版本……他说得终止。:我说了据我看来说的话。……我甚至没找到任务。,我不确信刚过去的机构是什么。,机遇同样此中。。”

田中慎弥即将到来的宅发起人是抱着坚决的信条来著述业的,因而它可以是寂寥的。论Tanaka的经历方式,日语有一种显示出妒忌的感触。,你可以做你想做的事。。其时,多的以为,做家里人发起人是一种经历冒险。,一旦没名字被写,经历无着,你不克不及孤负它,结亲生子更沉重地。。日本发起人更孤立。,因他们保留时间本人的喜好。,不舒服被种族的家的经历骚扰。

以下是日文原文:

本年は39歳の田中慎弥は类型的な「オタクの发起人」、本年janus 双面联胎、彼は小説「共者』の芥川賞用字母标明賞を、日本の文壇の知名な賞。田中慎弥は正真正銘のオタク。彼は高等院校を卒業後に書き始めからない、外で働いたことがあって、彼は成長し、娘儿家里人で、4歳の時に父を亡くし、彼は母と暮らし、恋愛したことがない、接触人したことがない異性には、母とコンビニ店伙は、ほとんどの女性と話した。長年经历完整で母の負担。彼は家でいると書きました20年、ついに成し遂げた名望。彼は拒否パソコンや携帯電話などの「ハイテク製品」の手稿も鉛筆で、手稿用紙にと一字書いて、彼は自分の性命の過程を書くに燃える。「共書く者』の時に書いた、一号は10代後半~20枚を意識し、在途中である使均衡は梦想の下書きを整个舎て、新たに書いて、書き換え三度計。

田中さんは用字母标明賞をもらった後、发表界には、发表された彼のミニ小説集を乗せ、裏表紙の発言:「小説は個性がないように、素材资料、私はそれを尽くして命。尽くして命を吸収し、養分を私の性命は続く。この短編は、性命の結果を尽くしても、命は燃える過程。」田中さんは小説の執着ぶりな。

近的見た西日本新聞社の田中慎弥の随筆集「これからもそう」で、随筆を肌で感じてそこ。文の中で彼はまた一回説明文を生の認識を無心し「私なら他の仕事、构图レベル下がった、それは遺描绘を書く小説を書いて、死にたくないなら、一流の小説を書き続けるだけで、これは私にとってのように死のような難しい。」彼は鋭く「芥川用字母标明賞を得た後に、いくつかのことさえなかった得名次の政治贩や経済家祝電を送って、これらの人々と私に関心を持つ、読んでくれてた小题大做の親友たちとは違い、彼らは信頼できない然人、彼らは明らかに借りたい自分の立場や権力を应用している发起人、或いは彼らと勘違いしている发起人と芥川賞は何か误认为できないほどのもので、これらの人は家の外野次馬の记日志者たちが憎らしい。」彼は質問あれらの祝電を送った人:“あなた達は読まドストエフスキーの小题大做はありますか?あなたが読んだ『源氏物语』か?私はあなた達と違って、私は高等院校を卒業して、少なくとも私に読んで「源氏物语」原文……」彼は充分な书面语は「僕は言いたい話……私は工もかけていなかったことを、私は知らない組織をつくり、これからもそう。」

田中慎弥このオタクの发起人は堅い信条を持って書くのだから、寂しさに甘んじて。田中さんの生き方について、日语だと思っている人が彼の人にうらやましがらせて、自分のやりたいことをする。また多くの人は、男にとって、オタクの发起人は1種の一生の冒険、いったん書けないものにならない、经历して、自分も養えない結婚、出産は更に難しい。日本のオタク发起人の群体二人对抗赛のが多いため、彼らは自分の兴趣を守りたくない自分の“家の一生」を旁人に襲われ。

This entry was posted in ca88. Bookmark the <a href="https://www.bysjsm.com/ca88/729.html" title="Permalink to 单身等于年龄 – 日本宅男作家田中慎弥" rel="bookmark">permalink</a>.

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注